Join our Slack community: News, tips, support, and much more.
GlassfyとSwiftを使ってiOSアプリにサブスクリプションを統合する方法
サブスクリプションは、アプリをマネタイズするための最も成功したビジネスモデルの 1 つです。別の記事でアプリ内サブスクリプションの利点を取り上げましたが、ゼロからマネタイズを統合する必要がある場合、またはサブスクリプションのインフラを改善しようとしている場合、この記事はまさに次に読む…
November 21, 2022     |     1 MIN READ

サブスクリプションは、アプリをマネタイズするための最も成功したビジネスモデルの 1 つです。別の記事でアプリ内サブスクリプションの利点を取り上げましたが、ゼロからマネタイズを統合する必要がある場合、またはサブスクリプションのインフラを改善しようとしている場合、この記事はまさに次に読むべきものです。この記事では、Swift と Glassfy を使ってサブスクリプションを統合し、iOS アプリの収益化を開始するお手伝いをしたいと思います。これらは数分で行うことができ、StoreKit を使って自分で全て行うよりも、数週間の開発期間と苦悩を削減することができます。

この記事では以下のことを学ぶことができます。

  1. App Store の設定
  2. SKU、Offerings、Permissions の設定
  3. Glassfy SDK をアプリケーションに追加

1. App Store の設定

最初のステップは、アプリを Glassfy に設定することで、これは迅速かつ簡単です。Glassfy は、お客様のアプリのバンドル ID と App Store Shared Secret を必要とし、お客様に代わって Apple に接続し、領収書を確認します。

App Store Connet ページで、In-App Purchases セクションの Manage ページに進みます。App-Specific Shared Secret のリンクをクリックすると、新しい共有シークレットを確認または作成することができます。

それをコピーして、Glassfy Dashboard に貼り付けるだけです。

また、このガイドの手順に従って、”Server To Server” の通知を設定することをお勧めします。

2. SKU、Offerings、Permissions の設定

次に、App Store Connectで、アプリ内サブスクリプションとその他のアプリ内課金を作成し、設定する必要があります。App Store Contracts はすべて署名し、すべてのアプリ内課金を ”Ready To Review” の状態にしておいてください。

アプリストアのプロダクト名には、以下のスキームを使用することをお勧めします。

Glassfy Dashboard で SKU を作成します。”Product Page” で “Create SKU” をクリックし、App Store Connect で作成したプロダクトを使用して SKU を作成するように追加します。

また、SKU ID は同じ名前のスキーマを使用し、名前の先頭の platform を省きます。

次に、ユーザーに提示する Offering を作成します。”Create Offering” をクリックし、以下の名前で Permission を作成します。

以下 2 つの SKU を含みます。

Glassfy Dashboard の次の最終ステップは、両方の SKU を含む Permission を作成することです。”Create Permission” をクリックし、以下の名前で Permission を作成します。

以下 2 つの SKU を含みます。

3. Glassfy SDK をアプリケーションに追加

Xcode を開き、Swift パッケージマネージャを使って Glassfy を追加します。file -> Add Packages…を選択し、Glassfy GitHub URL を入力します: https://github.com/glassfy/ios-sdk

ここで、applicationDidFinishLaunchingWithOptions に Glassfy Dashboard から取得した APIKEY を使用して SDK を初期化する必要があります。

事前に作成した Offering リストを使用して、ユーザーがアプリで SKU をハードコードせずに購入できるようなペイウォールを構築することができます。

purchase は、アプリのプレミアム機能をアンロックするために使用できる permissions の配列を返します。

以下のコードを使用することで、アプリケーションの任意のセクションで permissions を使用して購入状況を確認することができます。

これでアプリをテストする準備が整いました。App Store Connect ですべての契約を受け入れたことを確認し、SandBox ユーザーアカウントを作成して、Glassfy Dashboard にすぐに表示されるいくつかのテスト購入を実行します。

これで準備は完了です。アプリを App Store にサブミットし、サブスクリプションメトリクスの監視を開始しましょう。もちろん、Glassfy で簡単に行うことができます。

この記事が気に入ったら、Glassfy をチェックして、今すぐ無料でサインアップしてください!