Join our Slack community: News, tips, support, and much more.
Glassfy の Webhooks のパワーを解放しよう
Glassfy は、あなたのアプリで購入や定期購入のイベントが発生するたびに通知を送ることができます。その方法をご覧ください。
December 1, 2022     |     1 MIN READ

JP Blog for Webhooks

Title: Glassfy の Webhooks のパワーを解放しよう

Subtext: Glassfy は、あなたのアプリで購入や定期購入のイベントが発生するたびに通知を送ることができます。その方法をご覧ください。

Glassfy では、アプリ内で購入や定期購入のイベントが発生するたびに、通知を送信することができます。これは非常に強力な機能で、購読の状態を監視したり、ユーザーを取り戻したり、データベースに購読者の状態を保存したり、その他にも様々なことが可能です。

この記事では、以下について学びます。

  1. Webhook イベント
  2. Webhook のセットアップ
  3. 署名入り Webhook の設定
  4. Webhook と署名入り Webhook でテストイベントを送信する。
  5. Webhook および署名入り Webhook の失敗イベントの送信を再試行する。

Webhook イベント

Webooks のイベントは JSON にシリアライズされ、POST のボディとして Webhook に送信されます。

Image.png

各フィールドの説明については、https://docs.glassfy.io/docs/webhooks を参照してください。

サーバーは 200 のステータスコードを返し、60 秒以内に戻ってくる必要があります。サーバーが失敗した場合、Glassfy は 4 回再試行します(5 分、15 分、30 分、60 分後)。4 回再試行した後は、イベントの送信を停止します。

Webhook のセットアップ

Glassfy のダッシュボードで、Connectors ページに移動し、「Webhooks」を選択します。Webhook を受信したい URL を入力し、オプションで POST ヘッダーで設定する Authorization Bearer を設定します。

Image.png

署名入り JWS Webhook の設定

Glassfy のダッシュボードで、Connectors ページに移動し、「JWS Webhook」を選択します。Webhook を受信したい URL を入力します。

署名入り JWS webhook は、以下の構造で標準的な webhook イベントをカプセル化しています。

Image.png

それが署名入り JSW Token に変換され、POST のボディとして Webhook に送信されます。

Glassfy の公開鍵https://dashboard.glassfy.io/.well-known/jwks.jsonを使って検証することができます。

以下は、JWS Token イベントのサンプルです。

Image.png

Webhook および署名入り Webhook でテストイベントを送信

Glassfy では、Connectors のドロップダウンから「Send Test Event」をクリックすることで、サーバーとの接続を確認することができます

Image.png

Webhook および署名入り Webhook の送信失敗イベントを再試行

失敗すると、Connectors ページに黄色い三角形の警告が表示されます。”View Deliveries"を選択すると、より詳細な情報を得ることができます。

Image.png

右側のドロップダウンにある”Try Again”オプションをクリックすることで、失敗したイベントの送信を再試行することができるようになります。

Image.png

Glassfy.ioでいつでも無料でビルドして、これらの有用なリソースをチェックしてください。

Glassfy ドキュメント - https://docs.glassfy.io/docs/quick-start

Glassfy と Swift - https://www.youtube.com

Glassfy と Swift - https://www.youtube.com

Glassfy と Ionic - https://www.youtube.com